ビジネス翻訳。国際的に通用する翻訳

TOEIC

TOEICテストは世界の約90ヶ国で実施されており、英語コミュニケーション能力を知るための有効な指標となっています。

そのレベルはスコアによって5段階に分けられており、220までがE、470までがD、730までがC、860までがB、それ以上はAとなっています。

入学試験にTOEICテストを活用する大学も増えており、出願資格の一部や英語の一部試験免除など各校で基準が設けられています。

また、新入社員を採用する判断材料としてもTOEICスコアを考慮している企業が増えています。世界中のグローバルカンパニーでも活用されており、海外で活躍するための基準としてレベル650~820が必要とされます。

一定の基準を満たすことで進学や就職において有利になりますが、仕事で活用するにはランクB以上が求められそうです。

より高いスコアTOEIC、TOEFLの勉強方法はここ。英会話スクールの紹介。

翻訳ドイツ語

ドイツのあるメーカーと業務提携契約をする際、英語での契約書の取り交わしでも良いのですが、日本語とドイツ語の双方の母国語で作成し、ニュアンスの取り違えをせぬように配慮しました。

まず日本語での案を作成し、ネットで調べたビジネス文を多く取り扱っている翻訳会社にドイツ語への翻訳をお願いしました。

一方、ドイツの会社も、ドイツ語で案を作成し、それを日本語に翻訳してもらいました。そして、日独両語でのお互いの案を交換し、事前準備をした上で、最終的に両母国語での契約書を交わしました。

これは、英語を母国語としない国同士で、お互いにニュアンスの異なる解釈をして、失敗した苦い経験があったからです。

韓国語翻訳

これまでにかなり韓国語の勉強を積み重ねてきた人でないと、本格的に韓国語翻訳を行う事は難しい事もある様です。

辞書に書かれている言葉を使ってそのまま訳したのであれば、後になって読み返した時に、複雑な文章や難易度の高い文章であれば意味がわからない文章となってしまう事もあります。

それをいかにして、元々日本語の文章であったかの様にスムーズに読み進める事ができる文章にするのは、翻訳する人の腕の見せ所ですね。全員が同じ文章になる事はないでしょう。これだという答えは一つだけではありません。

翻訳する人にとって違う文章になります。一つ一つの文章をとっても適切で、全体として読んだ時にも自然である必要があります。